Zhang Yichen氏は2019年5月にCityneon Holdings Pte Ltdの非常勤取締役に任命される。現CITIC Capital Holdings Limitedの会長兼CEO。Zhang氏は、1987年にグリニッジキャピタルマーケットでウォールストリートでのキャリアをスタート。その後、専有取引の責任者として東京銀行に、メリルリンチは中華圏の債務資本市場のマネージングディレクターとして入社。2000年には、CITIC Pacific Communicationsの社長およびCITIC Pacific(現在のCITIC Limited)のエグゼクティブディレクターとしてCITICグループに参加。彼は2002年にCITIC Capitalを設立し、それ以来会社の発展のすべての段階に関与。彼のリーダーシップのもと、CITICキャピタルは、中国 マクドナルド、アリババ、シナ、ハルビン製薬、SF Express、AsiaInfo、Focus Mediaなど、中国の主要企業に投資して、数多くの画期的な取引を主導。彼は、中国、香港マクドナルドでのフランチャイズビジネスの代表、ハルビンファーマシティカルグループホール ディングカンパニーの会長、ユニバーサルメディカルの会長も兼任。また、Sina Corporation、AsiaInfo、SF Express、 ロシア・中国投資基金、Cityneonの取締役も務める。

Zhang氏はオルタナティブ投資業界のリーダー。彼は、エマージングマーケットプライベートエクイティアソシエーション(EMPEA)の取締役、執行委員会メンバー、チャイナベンチャーキャピタルアンドプライベートエクイティアソシエーション(CVCA)の元会長でもある。また、北京プライベートエクイティアソシエーション(BPEA)、天津プライベートエクイティアソシエーションの副会長、中 国資産管理協会(AMAC)のPEおよびバイアウトファンド委員会の副会長も務めている。

Zhang氏はまた、政治的、経済的、社会的コミュニティのリーダーでもある。彼は中国人民政治諮問会議(CPPCC)の第11、第12、第13国家委員会のメンバーであり、中国およびグローバリゼーションセンター(CCG)の上級副会長、国際カーネギー基金の評議員会のメンバー。平和、世界経済フォーラムの若いグローバルリーダーの財団理事会のメンバー、フューチャーフォーラムの評議会メン バー。

マサチューセッツ工科大学でコンピューターサイエンスの学位を取得。教育を強く信じる張氏は、フィリップスアカデミーアンドーバーを評議員として、イェールアジア開発評議会を評議員として、ダルトン財団を理事会メンバーとして、デューク昆山大学を諮問委員として、ウェストレイク大学を外部メンバーとして、各組織をサポート。