常に行動派、マイケルは2015年にVictory Hill Exhibitionsに参加する以前は、サンディエゴシーワールドにてシアトリカルサービスおよびエンターテインメントオペレーションのディレクターを務める。クルーの管理、エレクトリック関連、テクニカルプロダクション、劇場メンテナンス、メディアスタジオ、コスチュームショップ、衣装、テーマ サービス部門の149名のチームを指揮。

それ以前は、ラスベガスのトレジャーアイランドホテルアンドカジノで、シルクドゥソレイユのショー「Mystère」のプロダクションマネージャーを7年間務める。ここでの彼の管轄下にある部門は、衣装、リギング、オーディオ、大道 具、オートメーション、照明、および小道具であった。ラスベガスでの彼のキャリアは、マンダレーベイホテルアーカジノでのショー「STORM」のワールドプレミアのテクニカルディレクターとして実際に始まる。その経験により、シルクデゥソレイユのショー「KÀ」の製作と現場搬入のキャリアにつながる。

彼のツアリングステージショーのプロキャリアデビューは、ミネソタ州ミネアポリスにあるVEE Corporationから始まり、「セサミストリートライブ」国際ツアーショーの一環として、テクニカルディレクター、ヘッドリガー、カーペンターなど、複数の役職を歴任する。

シティーニオンでは、アベンジャーズ、ハンガーゲーム、ジュラシック、トランスフォーマーの展示に取り組む。これらは、ラスベガス、シンガポール、台北、北京、モスクワ、ノルチェピングなどの著名な都市で公演される。

注目に値するプロジェクトには、ソウルのロッテモールの制限された敷地内でジュラシックワールドの展示の修正し立ち上げることが含まれる。対照的に、マイケルはマドリードで最大2,600平方メートルの広さのジュラシックワールドの展示会も作り上げる。

業界での仕事に加えて、マイケルはラスベガスのネバダ大学でエンターテインメントエンジニアリング科と演劇科学生向けに2つの学部/大学院レベルのコースを開発および指導するために4年を費やす。ウェストバージニア大学で学士号を、ラスベガスのネバダ大学で修士号を取得。余暇には、エンターテインメント業界で若者のメンター、コーチング、モチベーションサポートだけでなく、精神的・身体的に障害のあるコミュニティに奉仕する地方・国の組織をサポート。