フーイ氏は、2019年4月30日にシティー二オンホールディングスの独立取締役に任命。以前は、シティー二オンホールディングスリミテッドの任務執行取締役、監査委員会委員長、および指名委員会、報酬委員会のメンバー。フーイ氏は 1989年6月に西オーストラリア大学で商学士号を取得。1990年7月にオーストラリアの認定実務会計士のメンバーとして 入学、2006年3月に香港研究所のフェローとなる。Hooi氏は、金融業界で25年以上の経験を持つ。現在、香港でプライベートエクイティアドバイザリー会社であるpH Capital Limitedを経営。それ以前は、スタンダードチャータード銀行 (台湾の最高リスク責任者)、オーストラリアおよび香港のオーストラリア国立銀行(北アジアのコーポレートバンキング部門の責任者)、クッシュマン&ウェイクフィールドキャピタルアジア(マネージングディレクター)など、多数の多国籍企業で働く。