Patron of the Arts 2020, Cityneon Holding

世界的なパンデミックが世界を席巻した今年は疑いもなく混乱の年でした。 国、企業、そして個人は、新型肺炎の状況に深く影響されています。 この状況下、芸術分野ではおそらく最も大きな打撃を受けた産業の1つであり、イベントはキャンセルされ、資金は削減され、アーティストは生き残るために苦悩しています。

寛大な寄付により、シンガポールのアートシーンは長年にわたって活気に満ちていて、そのような慈善活動は、毎年恒例のアートアワード授賞式2020で認めらて来ました。 しかし第37回パトロン オブアート賞授賞式は困難な状況の中で国立芸術評議会の公式チャンネルFacebookおよびYouTubeで2020年8月5日にオンラインでストリーミングされ、The Straits Timesでのインタビューでエドワード トング氏は 「アートコミュニティーは急速に変化し、適応する必要がある」と述べました。

1983年に設立されたパトロン オブアート賞は、シンガポールの芸術の発展に貢献した団体や個人に与えられた最高の国家賞です。 2019年の寄付額は12.7%減少して約5千万ドルになりましたが、私たちの芸術や文化的シーンへの貢献が、合計で103の組織と275の個人に認められることは依然として励みになります。

シティネオンは今年、多くの人と同様に新型肺炎の状況にも影響を受けたシンガポールの自国で育った劇団、Pangdemoniumへの支援スポンサーとしての貢献でパトロン オブアート賞を受賞した17社の中の1社に選ばれました。、Pangdemoniumが来年以降に多くの物語を共有、提供することを楽しみにしており、皆さんもご一緒にPangdemoniumが劇場に戻るのを待つ事にご参加いただければ幸いです。

シティーニオンは、芸術へのポジティブな影響が認められ、アートコミュニティーとその支援者と協力して活動することで、持続可能な芸術のエコシステムの基盤を自国シンガポールで形成するという国立芸術評議会の願いに関与しております。