取締役役員

ロン タン(Ron Tan)
ロン タン(Ron Tan)
会長

ロン タン(Ron Tan)、シティー二オンホールディングスの会長兼グループCEO、およびシティー二オンホールディングスの完全子会社であるビクトリーヒルエキシビションズのCEO /社長。シティネオンの重要な幹部として、会社を変革し、シンガポールで最も急成長している会社の1つに育て上げる。

2019年、権威あるEYアントレプレナーオブザイヤー賞を受賞。業界の思想的リーダーであり、シティネオングループの重要な株主として、グループの時価総額を現在の11億ドルに50倍に増やす。

彼の指揮下、彼はまた、シンガポールとその地域で賞を獲得することにより、会社をより高い地位に導きく。 SBRマネジメントエクセレンスアワード2018で、最新のベストリストに掲載された企業2018とエグゼクティブオブザイヤー–メディア &エンターテインメント賞に選ばれる。

ロン(Ron Tan)は戦略的に、ディズニー、マーベル、ハスブロ、ユニバーサル、ライオンズゲートなどのグローバルスタジオとのグローバルな 知的財産パートナーシップを導き、これらのビリオンダラーブランドをグローバルに成長させるために、新しいユニークな収益源を革新する。

ロン(Ron Tan)は、ローカルおよび国際的な上場企業、ならびにEMSホールディングス、Hi-5 World、BASE Entertainment Asiaなどの国際的なエンターテインメント企業の取締役を務める。それ以前は、MediaCorp、シンガポールおよび香港のLexisNexis Asia Pacific、シンガポール政府観光局、シンガポール経済開発局で著名な管理職を歴任した。

常に新しくエキサイティングな体験を生み出す最前線に立つロンタン(Ron Tan)は、世界中を周り、思い出に残るエンターテインメント体験に変えることができる素晴らしいアイデアを探している。

シンガポール政府の海外の奨学金のもと、ロン(Ron Tan)はモアナにあるハワイ大学で完璧な4.0 GPAを取得し、理学士号を取得。

コーチェンシェンジョンソン
コーチェンシェン
ジョンソン
エクゼクティブ ディレクター

コーチュンシュンジョンソン氏は、2018年12月にシティー二オンホールディングスのエグゼクティブディレクターに任命。起業家、積極的な投資家。コー氏は、ロジスティクス、メディア、金融サービス、再生可能エネルギー、バイオテクノロジー、テクノロジーなど、さまざまな業界の上場企業や民間企業に投資する。現在、フロンティアサービスグループリミテッドの副会長兼エグゼクティブディレクター (HKEX:0500)、およびBranding China Group Limited (HKEX:0863) のエグゼクティブディレクター。以前は会長を務め、BOE Varitronix Limited (HKEX:0710)、Concord New Energy Group Limited (HKEX:0182)、およびYunfeng Financial Group Limited (HKEX:0376) の大株主。直接投資、合併および買収、企業顧問、資本市場において幅広い経験を持つ。

コーウィンヤンサマンサ
コーウィンヤン
サマンサ
エクゼクティブ ディレクター

コーウィンヤンサマンサ氏は、2019年4月にCityneon Holdings Limitedのエグゼクティブディレクターに任命。資本市場、投資、および事業運営において幅広い経験を持つ。現BOE Varitronix Limited (HKEX:00710) の副会長兼エグゼクティブディレクター。以前はConcord New Energy Group Limited (HKEX:00182) およびYunfeng Financial Group Limited (HKEX:00376) のエグゼクティブディレクター。

コー氏は、アメリカのマウントホリヨークカレッジで経済学と数学の学士号を、ロンドンのインペリアルカレッジで金融の修士号を取得。銀行業界で7年以上の経験。HSBC (HK)、Morgan Stanley (香港)、JP Morgan (ロンドン) など。

Zhang Yichen
Zhang Yichen
非常勤取締役

Zhang Yichen氏は2019年5月にCityneon Holdings Pte Ltdの非常勤取締役に任命される。現CITIC Capital Holdings Limitedの会長兼CEO。Zhang氏は、1987年にグリニッジキャピタルマーケットでウォールストリートでのキャリアをスタート。その後、専有取引の責任者として東京銀行に、メリルリンチは中華圏の債務資本市場のマネージングディレクターとして入社。2000年には、CITIC Pacific Communicationsの社長およびCITIC Pacific(現在のCITIC Limited)のエグゼクティブディレクターとしてCITICグループに参加。彼は2002年にCITIC Capitalを設立し、それ以来会社の発展のすべての段階に関与。彼のリーダーシップのもと、CITICキャピタルは、中国 マクドナルド、アリババ、シナ、ハルビン製薬、SF Express、AsiaInfo、Focus Mediaなど、中国の主要企業に投資して、数多くの画期的な取引を主導。彼は、中国、香港マクドナルドでのフランチャイズビジネスの代表、ハルビンファーマシティカルグループホール ディングカンパニーの会長、ユニバーサルメディカルの会長も兼任。また、Sina Corporation、AsiaInfo、SF Express、 ロシア・中国投資基金、Cityneonの取締役も務める。

Zhang氏はオルタナティブ投資業界のリーダー。彼は、エマージングマーケットプライベートエクイティアソシエーション(EMPEA)の取締役、執行委員会メンバー、チャイナベンチャーキャピタルアンドプライベートエクイティアソシエーション(CVCA)の元会長でもある。また、北京プライベートエクイティアソシエーション(BPEA)、天津プライベートエクイティアソシエーションの副会長、中 国資産管理協会(AMAC)のPEおよびバイアウトファンド委員会の副会長も務めている。

Zhang氏はまた、政治的、経済的、社会的コミュニティのリーダーでもある。彼は中国人民政治諮問会議(CPPCC)の第11、第12、第13国家委員会のメンバーであり、中国およびグローバリゼーションセンター(CCG)の上級副会長、国際カーネギー基金の評議員会のメンバー。平和、世界経済フォーラムの若いグローバルリーダーの財団理事会のメンバー、フューチャーフォーラムの評議会メン バー。

マサチューセッツ工科大学でコンピューターサイエンスの学位を取得。教育を強く信じる張氏は、フィリップスアカデミーアンドーバーを評議員として、イェールアジア開発評議会を評議員として、ダルトン財団を理事会メンバーとして、デューク昆山大学を諮問委員として、ウェストレイク大学を外部メンバーとして、各組織をサポート。

Hooi Hing Lee
Hooi Hing Lee
独立取締役

フーイ氏は、2019年4月30日にシティー二オンホールディングスの独立取締役に任命。以前は、シティー二オンホールディングスリミテッドの任務執行取締役、監査委員会委員長、および指名委員会、報酬委員会のメンバー。フーイ氏は 1989年6月に西オーストラリア大学で商学士号を取得。1990年7月にオーストラリアの認定実務会計士のメンバーとして 入学、2006年3月に香港研究所のフェローとなる。Hooi氏は、金融業界で25年以上の経験を持つ。現在、香港でプライベートエクイティアドバイザリー会社であるpH Capital Limitedを経営。それ以前は、スタンダードチャータード銀行 (台湾の最高リスク責任者)、オーストラリアおよび香港のオーストラリア国立銀行(北アジアのコーポレートバンキング部門の責任者)、クッシュマン&ウェイクフィールドキャピタルアジア(マネージングディレクター)など、多数の多国籍企業で働く。

マネジメントチーム

ロン タン(Ron Tan)
ロン タン(Ron Tan)
グループ最高経営責任者

ロン タン(Ron Tan)、シティー二オンホールディングスの会長兼グループCEO、およびシティー二オンホールディングスの完全子会社である ビクトリーヒルエキシビションズのCEO/社長。シティネオンの重要な幹部として、会社を変革し、シンガポールで最も急成長している会社の1つに育て上げる。

2019年、権威あるEYアントレプレナーオブザイヤー賞を受賞。業界の思想的リーダーであり、シティネオングループの重要な株主として、グループの時価総額を現在の11億ドルに50倍に増やす。

彼の指揮下、彼はまた、シンガポールとその地域で賞を獲得することにより、会社をより高い地位に導きく。SBRマネジメントエクセレンスアワード2018で、最新のベストリストに掲載された企業2018とエグゼクティブオブザイヤー–メディア &エンターテインメント賞に選ばれる。

ロン(Ron Tan)は戦略的に、ディズニー、マーベル、ハスブロ、ユニバーサル、ライオンズゲートなどのグローバルスタジオとのグローバルな知的財産パートナーシップを導き、これらのビリオンダラーブランドをグローバルに成長させるために、新しいユニークな収益源を革新する。

ロン(Ron Tan)は、ローカルおよび国際的な上場企業、ならびにEMSホールディングス、Hi-5 World、BASE Entertainment Asiaなどの国際的なエンターテインメント企業の取締役を務める。それ以前は、MediaCorp、シンガポールおよび香港のLexisNexis Asia Pacific、シンガポール政府観光局、シンガポール経済開発局で著名な管理職を歴任した。

常に新しくエキサイティングな体験を生み出す最前線に立つロンタン(Ron Tan)は、世界中を周り、思い出に残るエンターテインメント体験に変えることができる素晴らしいアイデアを探している。

シンガポール政府の海外の奨学金のもと、ロン(Ron Tan)はモアナにあるハワイ大学で完璧な4.0 GPAを取得し、理学士号を取得。

ウェルビーアルティドール
ウェルビーアルティドール
グループ最高クリエイティブ責任者

ウェルビーの功績には、著名なシルク・ドゥ・ソレイユのクリエーション担当エグゼクティブクリエイティブ ディレクターとしての在職期間があり、その期間 ルジアーメキシコの目覚めの夢を創造した。また、世界的に有名なマイケルジャクソンONEショーのクリエイティブディレクターでもある。

現在、彼は創造的なビジョンとエンターテインメント業界での20年以上の経験を、グローバルスタジオと提携し、マーベル、ハスブロ、ディズニーなどのスーパーブランドを特徴とするシティーニオンで新しい知的財産を作り上げている。これらは、テーマ別の没入型体験環境、建築コンセプト、インテリアデザイン、展覧会そして特別イベントなどの形をとる。

シティーニオンでは、ウェルビーはロサンゼルス、ラスベガス、シンガポールのデザインスタジオを率いている。そして今後は現在のデザインスタジオチームの拡張予定。彼は、シティニオンおよびビクトリーヒルエキシビションで増え続ける才能のある社員にインスレーションを与え、指導する一方で、シティーニオンと協力関係にある世界クラスのクリエイターのネットワークを拡大している。

彼の最新の作品には、世界最大のエンターテイメントの中心地であるラスベガスでの完全に統合され運営されているハンガーゲーム展が含まれる。受賞歴のある作品には、ギネス世界記録を獲得したアーチェリー体験が含まれる。

クリエイティブなイノベーションを推進するウェルビー型のアプローチは、最先端のストーリーテリングツールと実績のあるアート的アプローチを融合することであり、ゲストにいつまでも思い出を提供する、世界的にインパクトがあり、記憶に残る有意義な体験プロジェクトの新世代の創出である。

マークケンパー
マークケンパー
グループ最高財務責任者

マークは、アジアおよびその他地区の大規模プロジェクトのベテランであり、シティーニオンの企業戦略および財務コンポーネントの原動力。

ホスピタリティ、エンターテインメント、投資管理業界での20年以上の経験を活用している。価値を生み出す独自の鋭い鼻で、マークは彼の家族ビジネスの手綱を手渡され、その後KPMGにヘッドハンティングされ、KPMGのマネージングパートナー、レジャーとホスピタリティのグローバルヘッド(KPMGグローバル)、KPMGオランダなどの任務を引き受ける。

シティーニオンでは、マークはビジネスモデルの実行、キャッシュフロー管理、最大1億ドルのローンシンジケーションを含む資金調達等を監督することにより、ビジネス戦略を実施する。彼はまた、資源、人材を統合するための再構築を通じて効率を高める。さらに、マークは映画スタジオの関係管理を任され、新しいIPの合併と買収を担当。

全体像に目を向けたマークは、数字を超え、最適なオペレーションチームおよびカルチャービルダーとして知らる。

John Norman
John Norman
CEO, World Heritage Exhibitions

John Norman has been presenting iconic and priceless treasures to the public over the years by mounting some of the most popular museum and fine art traveling exhibitions of our time.

John has been a central part of many notable shows since the ‘90s, when he worked for Magicworks Entertainment in Cleveland, Ohio to oversee its touring shows, including The Magic of David Copperfield, Jesus Christ Superstar, and tours of Fleetwood Mac, Janet Jackson, NSYNC, Styx, and Pat Benatar.

Since then, John has further ventured and become heavily involved in the exhibitions space, producing numerous works, including Cleopatra: The Search for the Last Queen of Egypt, Victoria the T-Rex, Pompeii: The Exhibition, and Mummies of the World.

He has also produced multiple exhibitions of Tutankhamun (King Tut), namely, Tutankhamun and the Golden Age of the Pharaohs and Tutankhamun: Treasures of the Golden Pharaoh. Most recently, the 100th-anniversary tour of Tutankhamun: Treasures of the Golden Pharaoh set a record for the highest attended touring exhibition in Paris, attracting over 1.4 million visitors in just six months.

John boasts a long history of producing blockbuster exhibitions containing authentic artifacts, leading multi-national teams in the design, production, marketing, and sales for museum and fine art traveling exhibitions, and governments and leaders worldwide have entrusted him to work with their priceless treasures.

John is also an established leader in the entertainment and exhibitions industry. He was the senior VP of SFX Entertainment, co-president, and COO of Clear Channel Exhibitions, President of Arts and Exhibitions International, President of Premier Exhibitions, and Managing Director of IMG Exhibitions. In 2013, Bizbash, the leading trade media company in the events industry, named John one of the top 50 most innovative people in event production.

Over the years, exhibitions under John’s leadership have traveled and spanned six continents, brought enjoyment and education to over 35 million people, making him one of the most influential touring exhibition producers in the world.

ダレンリム
ダレンリム
リージョナル専務理事

ダレンリムは、マーケティング業界で18年以上の経験を持つ実績のあるリーダー兼エグゼクティブ。長年にわたり、 彼はアジア太平洋地域で著名なフォーチュン500ブランドの企業で働く。多様な経験には、北京オリンピック2008、上 海万博2010、アスタナ万博2017、最近ではドバイ万博2020がある。

彼はまた、George P. Johnson / Project:WorldwideやPico Groupなどの経験豊富なマーケティング代理店で重要な幹部 職を歴任。シティー二オン入社以前、彼はPicoの上級副社長として、中国でのPico の成長と、アジア太平洋、中東、英 国、米国を含む他の地域での展開と拡大を率いた。また、ピコグループのグローバルな成長を推進する責任を負うピコグローバルアクティベーションの責任者も務める。電気電子工学の第2高等学位を取得しており、NUSとCEIBSの両方でエグゼクティブプログラムを終了。

マイケルマトックス
マイケルマトックス
最高技術責任者

常に行動派、マイケルは2015年にVictory Hill Exhibitionsに参加する以前は、サンディエゴシーワールドにてシアトリカルサービスおよびエンターテインメントオペレーションのディレクターを務める。クルーの管理、エレクトリック関連、テクニカルプロダクション、劇場メンテナンス、メディアスタジオ、コスチュームショップ、衣装、テーマ サービス部門の149名のチームを指揮。

それ以前は、ラスベガスのトレジャーアイランドホテルアンドカジノで、シルクドゥソレイユのショー「Mystère」のプロダクションマネージャーを7年間務める。ここでの彼の管轄下にある部門は、衣装、リギング、オーディオ、大道 具、オートメーション、照明、および小道具であった。ラスベガスでの彼のキャリアは、マンダレーベイホテルアーカジノでのショー「STORM」のワールドプレミアのテクニカルディレクターとして実際に始まる。その経験により、シルクデゥソレイユのショー「KÀ」の製作と現場搬入のキャリアにつながる。

彼のツアリングステージショーのプロキャリアデビューは、ミネソタ州ミネアポリスにあるVEE Corporationから始まり、「セサミストリートライブ」国際ツアーショーの一環として、テクニカルディレクター、ヘッドリガー、カーペンターなど、複数の役職を歴任する。

シティーニオンでは、アベンジャーズ、ハンガーゲーム、ジュラシック、トランスフォーマーの展示に取り組む。これらは、ラスベガス、シンガポール、台北、北京、モスクワ、ノルチェピングなどの著名な都市で公演される。

注目に値するプロジェクトには、ソウルのロッテモールの制限された敷地内でジュラシックワールドの展示の修正し立ち上げることが含まれる。対照的に、マイケルはマドリードで最大2,600平方メートルの広さのジュラシックワールドの展示会も作り上げる。

業界での仕事に加えて、マイケルはラスベガスのネバダ大学でエンターテインメントエンジニアリング科と演劇科学生向けに2つの学部/大学院レベルのコースを開発および指導するために4年を費やす。ウェストバージニア大学で学士号を、ラスベガスのネバダ大学で修士号を取得。余暇には、エンターテインメント業界で若者のメンター、コーチング、モチベーションサポートだけでなく、精神的・身体的に障害のあるコミュニティに奉仕する地方・国の組織をサポート。